防水工事とは?

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。

 

最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。

なぜ、防水工事が必要となるのか?

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。
その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。

防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。

防水工事の種類

シーリング工事とは?

シーリング工事とは、外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。
この他、様々なつなぎ目などにも行われます。 シーリング工事は防水機能をの他に、温度や湿度の変化による建築物の伸び縮みに柔軟な対応をしなければいけませんし、外観に関わりますので仕上がりの美しさも重要になってきます。

なぜ、シーリング工事が必要となるのか?

温度・湿度の変化、竜巻や突風、台風、地震、振動などによってに生じるずれなどの時の動きに対応できるのがシーリング材です。 建物は地震やコンクリートの挙動を逃がす為、目地を設置しています。硬い物では割れてしまう為、挙動性のあるシーリング材を充填しているのですが、シーリング材はゴムである為、年数の経過と共に硬化したり破断したりします。 このような現象を防ぐ為に、定期的な補修を行う事が必要となります。

シーリング工事の種類

塗装工事とは?

塗装工事とは 外壁の美観に大変重要な役割を担う塗装工事。どんな建物にも存在する工事になります。

天井やドアの廻り、手摺壁などはもちろん、屋根なども塗装仕上になってるんです。

サビや黒ズミなどが目立って来たらせっかく立派な建物でも古い建物に感じてしまいます。

なぜ、塗装工事が必要となるのか?

塗装工事は皆さんもご存知の工事だとは思いますが質や詳しくは知られてはいません。
常に雨風に晒されているので汚れやサビなどの影響は必ず出てしまいます。
美観に最も影響する工事なので必ず手入れは必要になります。

塗装工事と言っても色々な種類が存在します。一般的なローラーで塗る工法(ウールローラー、マスチックローラーなど)、専用機具を使い吹き付ける工法(吹付)。

材料によっても様々な効果があります。
汚染を低減させる物や高対抗性の物、水性・溶剤系などなど様々
塗料に関しては種類や成分、性質が多種類存在します。
塗る場所や用途など美観によって使い分けます。
工事の予算によっても色々選べるので悩んでしまうかもしれません。

塗装工事の種類

下地補修工事とは?

下地補修とは 塗装工事前など躯体部の建物の中身を修繕する工事を言います。

コンクリート部の伸縮によるヒビ割れ(クラック)の隙間の埋め戻しやコンクリート部の欠損の補修工事。

その他に水分の侵入による鉄筋の腐食により膨張しコンクリートが割れる現象(爆裂)の補修工事。

なぜ、下地補修が必要となるのか?

下地補修とは字の通り仕上げ工事を美しく仕上げる為に必要不可欠な工事になります。
それだけでは無く経年劣化によるクラックや欠損・爆裂補修も大事な工事です。
クラックの補修は水の侵入を防ぎます。
欠損は破断している所や剥落しそうなコンクリート部を撤去し埋戻し成形し剥落防止をします。
爆裂は割れてる部分を撤去し鉄筋にサビ止め処理をし埋戻し成形し剥落防止をします。

下地補修の種類

ページトップへ戻る